車検切れ 廃車

車検切れの車を廃車にするには?高額で売却テクニック紹介します

車検切れ 車

 

車検切れの車を廃車するには、自分でやるとかなり面倒です。

 

車検切れの車は、公道を走れないので、自走するなら、仮ナンバーの申請、
自賠責保険に再加入、運輸局へ廃車の手続きに行く必要があります。

 

この場合、中古車の出張査定、出張買取してもらったほうが簡単で、お得です。

 

中古車の出張査定なら、申し込むと、車の査定会社の方が
車の状態を見て、買いとり価格を提示してくれて、そのまま売却できます。

 

自分で、廃車手続きしなくても、査定会社のほうで、細かい手続きをしてくれるので便利です。

 

また、事故車や、動かない車、見た目がボロボロの車でも
査定会社に依頼すれば、見積もりを取って、引き取ってもらうこともできます。

 

もし、乗っていない車・動かない車・車検切れの車・自賠責保障が切れた車は、
廃車をする前に、査定会社に連絡して、売却してしてみてください。

 

自分で廃車にするより、簡単でしかも売却できるので簡単でお得です。

 

→ 車検切れの車を売却するならこちらへ

 

車検切れの車を廃車するには費用がかかり面倒です・・

 

車を廃車するには「末梢登録」という手続きが必要になります。

 

抹消手続きは、最寄りの管轄運輸支局か、自動車検査登録事務所で行います。

 

抹消手続き自体は、車は持ち込む必要はありません。
車検証、ナンバープレート(2枚)、実印を用意し、必要書類を提出します。

 

末梢登録には、2種類あり、「永久抹消」「一時抹消」があります。

 

永久抹消は、車を解体して完全に車を使えなくする場合、
一時抹消は、中古車売買などで、一時的に車を使用停止にする場合です。

 

一時抹消は、期間中は自動車税の支払いは不要で、
再登録すればまた使えるようになります。

 

 

車検切れの車を車検を通して売ったほうが高い?

 

車検切れの車を車検を通した後に、売ったら高くなるのか?ですが、
買取り額は、あまり差がないが、車検を通したほうが若干高く付きます。

 

というのも、車検切れの車を車検を通すのに、仮ナンバー(自動車臨時運行許可番号標)を
発行してもらい、車検場まで公道を走る必要があるからです。

 

仮ナンバーは、赤の斜線が入っているプレートでこれがないと
公道を走ることができません。

 

車検切れの車が公道を走ると、道路運送車両法違反になり、
違反点数が6点で、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金になります。

 

ですので、車検切れの車を動かすのに、仮ナンバーを取ったり、
自賠責保険が切れていたら、再加入する費用などを加算すると高く付くことになります。

 

車検切れの車を走らせるコストと車検の費用をいれると、
車検を通さないで、そのまま車査定をしたほうが安く上がることのほうが多いです。

 

車検切れの車・動かせない車の処理方法の詳細はこちら