10年 車 買取

10年落ちの車は買取できる?査定額はどのブランドで変わる

10年落ちの車は買取が難しい・査定額が低いと思っていませんか?

 

中古車査定を依頼する際に気になっていることの一つとして、
年式が10年以上前の車は査定額が付かない、
買取してもらえないという事例はある、と言えます。

 

これが新車をディーラーで購入する時に「下取り」を依頼する場合においては、
ほとんどの車は値段が付かないのが現状です。

 

ですが「下取り」ではなく「中古車査定の買取」ならば、話は別です。

 

車の下取りは、新車の購入時に乗っていた車を売却するので、
下取り価格は低くなりがちです。

 

実は、中古車の買取の方が、値段が高く付くことが多いのです。

 

というのも、ひと昔前のように、中古車の市場が地区限定であった場合も、
地域ごとのニーズによって大きく差があるので、
買取手が出ない車種が出てくるというのもありました。

 

ところが、現在は、市場が拡大して、現在では全国チェーンの自動車買取専門店、
中古車販売店が登場し、各販売店、買取店が持っている市場の範囲が拡大してきました。

 

自分が住んでいる地域でニーズが無かった車でも、
他の都道府県においてはニーズが高まっているというケースも多々とあります。

 

そして、大手の販売店ともなると、海外にマーケットを持っている所も多いです。

 

海外においては、日本国内で生産された日本国内のメーカーの車となると、
車種にもよりますが人気が高いようです。

 

10年以上前の車でも、大手の自動車メーカーで売りとなっている
車種を持っている場合は、中古車査定において値段が付く事があります。

 

こういった場合は車の年式や性能というよりは、
メーカーのブランドだけで査定額が付くようですので、
諦めずにまずは査定を依頼した方が損をしないといえます。

 

車の一分のパーツが壊れていたり、動かない車でも、
買い取りしてくれます。

 

壊れたパーツは買取のディーラーで格安に交換できるので、
意外と査定額にはあまり響かないことが多いのです。

 

査定をする時の注意は、故障した部品、パーツはあえて自分で交換しないことです。

 

自分で交換すると、業者の交換・修理費用がかかる割には、
査定額は上がりませんので、壊れたままほうがいいです。

 

傷が付いたボディー、内装も同様で、そのまま査定してもらったほうがいいです。

 

大手メーカーのセダンタイプの車で有名な車種は、
走行距離が10万キロ超えていても30万ほどですが、値がついたというケースがあります。

 

ですので、10年落ちの車でも、十分に買取価格を上げることができるので、
あきらめないで頂きたいです。

 

できれば、1社の見積もりではなく、相見積もりにして、
査定額を上げるほうがお得になります。

 

そのため、10年落ちの古い車ほど、車の一括査定をして、
適正な買取価格にしていただきたいです。

 

一括査定は、自宅に査定員を呼んで、査定してもらえ、
無料で、簡単に査定できるので便利です。

 

当然、売値が低くなってしまう時は、買い取りしなくてもいいです。

 

もし、10年落ちの車を売りたい時は、早めに一括査定をして、
見積もりしてもらって下さい。